古着転売に古物商許可証は必要か?

古着転売 古物商許可証

 

古物商違反

 

嵐のコンサートチケットを複数回転売して1,000万円以上売り上げていた女が逮捕された。

容疑は古物商違反である。

継続的にダフ屋行為をしていたから警察も重い腰を上げたのであろう。

 

古物商許可証

 

じゃあ、古着転売やせどりに古物商許可証は必要なのか?

なくても大丈夫という意見をネットで見るけど、筆者が取得した際に警察に色々聞いてきた。

結論から言うと必要である。

まー、普通に考えてそうだよね。

いらないなんてなったら何でもまかり通る事になるしね。

いらない派の人の意見は、なくても大丈夫と都合よく言い聞かせているだけのようにも見える。

19,000円払えばビクビクしなくて済むし、犯罪者にならなくて済むし、取ればいいのにとは思う。

 

警察に3つの事を突っ込んで聞いてみた

 

1.海外からの古着の買い付け(仕入れ)で必要か。

2.大量の私物のコレクションを売るのに必要か。

3.リサイクルショップで、建前上着る目的で仕入れて、気が変わった事にして売るのに必要か。

 

警察からの回答をひとつずつ答えてみる

 

1.海外の仕入れでは必要なし。

古着屋でも古物を持ってない所があるけど、理由は海外仕入れをしているからだと思う。

ただ、あきらかに国内仕入れっぽいけど持ってない古着屋も普通にある。 

 

 2.私物を売る場合は必要なし。

大量のコレクションでも問題はなさそうである。

ただ、お尋ねが来た際に誤解がないようにキチンと説明する義務がある。

 

 3.着る目的で購入して気が変わって売る分には必要なし。

ただ、それらを継続的にやると商売とみなし摘発することもあるとのこと。

ヤフオクやメルカリでプロフにクローゼット整理とか書いてる大量出品者がいるけど、

私物と謳ってるだけで実際は違法性のある転売屋が殆どだと思う。

ネットオークションの転売に関しては、法律が追いついてなくグレーなラインが多いとのこと。

 

まとめ

 

持っておくのが無難で、根拠のない捕まらない自信がある人は必要なし。

捕まる、捕まらないのラインは継続性。

話を聞く限りではあるが、古着の転売程度でわざわざ警察は動かないと思う。

ただ、万が一盗品を売った場合に古物がない場合は警察でも庇いきれないとのこと。

以上。

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

okb_hurugi☆yahoo.co.jp (☆→@)