読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古着転売・せどりに必要な古物商許可証の申請の仕方を公開。

f:id:hurugi:20160918012414j:plain

 

古物商許可証の申請方法

 

古着の転売やせどりに必要不可欠の古物商許可証

今回は必要書類の書き方、申請・取得の仕方(実家・持ち家限定)を簡素に公開。

前回、古物商許可証の重要性について触れてるので良かったら見てね。  

 

 

必要書類は10種類

 

01.略歴書

02.住民票

03.身分証明書

04.登記されていない事の証明書

05.誓約書

06.使用承諾書

07.営業所周辺の略図

08.営業所の平面図

09.プロバイダーと契約した際に交付されるURLの写し

10.古物商許可申請

 

詳細を説明

 

01.経歴書であり最近の5年間の略歴・賞罰を記載。

氏名、住所、日付、他に5年間何をしていたかを簡素に記載すればOK。

 

f:id:hurugi:20160917235128j:plain

 

02.申請者本人・本籍地が記載されたもの。

市役所に行って、本籍地が記載された住民票を数百円で購入すればOK。

分からなければ、職員さんが丁寧に対応してくれるのでご心配なく。

 

03.本籍地の市町村が発行する身分証明書。

上記と同様で身分証明書を数百円で購入すればOK。

 

04.法務局が発行する成年被後見人に関する証明書。

大阪法務局(本局):大阪法務局

筆者は大阪で取得したので、今回は大阪バージョン。

2階へ上がると受け付けがあるので、職員さんに古物の旨を伝えるとスムーズ

手続きが終われば、1階で収入印紙を購入し再度2階へ行けばOK。

 

05.誓約書にサイン。

申請者の氏名、住所、日付の記載、印鑑でOK。

 

f:id:hurugi:20160918000440j:plain

 

06.親族から古物営業を承諾する旨を記載。

氏名(申請者と親族)、住所(申請者と営業所)、日付の記載と印鑑でOK。

 

f:id:hurugi:20160918000116j:plain

 

07.住宅周辺の簡単な地図のコピー。

グーグルでもヤフーでも良いので番地まで分かる周辺地図を印刷すればOK。

 

f:id:hurugi:20160918000823p:plain

 

08.営業所の間取り図を簡単に記載。

ワード、エクセル、イラストレーター、手書きでもOK。

下手過ぎて玄関が6畳あるような間取り図を書いたけど何なくOK。

 

f:id:hurugi:20160918133612j:plain

 

09.ホームページなどで販売する場合に必要。

ネットオークション(ヤフオク)やフリマアプリ(メルカリ)などでは必要なし。

 

10.古物商許可申請書の書き方。

別記様式第1号その1

 (1)許可の種類→1の古物商に丸を付ける。

 (2)申請日に日付を記載する。

 (3)公安委員会→住んでいる都道府県を記載する。

 (4)申請者の氏名又は名称及び住所→住所を記載し印鑑を押す。

 (5)法人等の種類→6の個人に丸を付ける。

 (6)氏名、生年月日、住所を記載する。

 (7)行商をしようとする者であるかどうかの別→1のするに丸を付ける。

 (8)主として取り扱おうとする古物の区分→02の衣類に丸を付ける。

 

f:id:hurugi:20160918003450j:plain

 

別記様式第1号その2

 (1)形態→1の営業所ありに丸を付ける。

 (2)名称→屋号名を記載する。(名前でもOK)

 (3)取り扱う古物の区分→衣類の他に取り扱う物があれば丸を付ける。

 (4)生年月日、住所を記載する。

 

f:id:hurugi:20160918003901j:plain

 

別記様式第1号その3

 (1)電気通信回路に接続して行う自動公衆送信により公衆の閲覧に供する方法を用いるかどうかの別

  2→の用いないに丸を付ける。(ネットオークションやフリマアプリのみであればOK)

 

f:id:hurugi:20160918003930j:plain

 

注意事項

 

全てA4サイズに統一し、正と複(コピー)1枚ずつ提出する事。

印鑑を持参する事。

警察署に出向く前に必ず、生活安全課の担当者が不在ではないかを確認する事。

分からない項目は開けておいて申請日に警察と相談する事。

書類不備がなければ、19,000円分の印紙を購入して提出すれば完了。

こんな感じで古物申請をして20日後に許可証をゲット。

衣類商のプレートをオフィスの入り口に貼る事も忘れずに。

稀に不許可になる事もあるらしく、申請が通らなくても責任は取れないので参考程度によろしく。

多忙な人や不安な人は、数万円の手数料を払って、行政書士に依頼して見るのも手だよ。

 

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

okb_hurugi☆yahoo.co.jp (☆→@)