読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤフオクやメルカリの商品発送で重宝したポスパケットがサービス終了。

f:id:hurugi:20160930223305j:plain

 

ポスパケットがサービス終了

 

今日は、2016年9月30日金曜日。

売れた商品の発送をしないといけない。

郵便局にポスパケットで出すか。

郵便局に着き、局員に360円を払うと衝撃の一言が。

局員 "兄ちゃん、今日でポスパケット廃止だよ。"

筆者 "え、え、なんて、ポスパケット廃止ってなんですの。"

一世風靡したつまらない芸人のネタを言いそうになったが筆者は抑えた。

 

そもそもポスパケットって何? 

 

A4サイズ、厚さ3.5cm、料金は360円で発送出来る郵便サービスである。

 

A4サイズ3.5cm以内で360円のポスパケットは魅力的であった

 

ヤフオクやメルカリで古着転売していると、売れた後の出荷発送業務がつきまとう。

スウェットや薄手のパーカーなど微妙に厚みのある服を発送する場合にどうするか。

ここで使えるのがポスパケットである。

マイナーではあるが、安価で追跡サービスもあるし何かと重宝するのである。

レターパックプラスで、510円使うならこちらをおすすめしたいくらいである。

3.5cmというサイズ感が絶妙で、少しくらいオーバーしても局員がオマケしてくれた事もあった。

(本当はダメだろうけど5cm以上の厚みの商品もよく持って行ってもらった。)

もしかしたら、グレーラインの発送者が多いから廃止になったのか。

 

多様な発送サービスをどう上手く利用するか

 

定形外郵便、スマートレター、クリックポスト、レターパックゆうパックはこBOON

メルカリだと2.5cm以内のサイズであればネコポスを多用している。

メルカリとヤマト運輸業務提携していて190円で発送出来るしお得である。

 

今後の発送方法

 

今後、微妙なサイズの発送をどうすれば良いかが課題である。

4cmくらいのサイズを350円くらいで発送可能なサービスが出来ることを願いたい。

レターパックライト・プラスを使用するか、郵便局か運送業者と契約するか。

年1000個は出せるようになったら、古物商らしく契約を考えるか。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ

okb_hurugi☆yahoo.co.jp (☆→@)